あぁ、トマコの生きる道

HSCの特性から不登校と鬱を乗り越えた長男は高校一年生に!発達障害3兄弟の母トマコのコミックエッセイ このブログに登場する人物の名前はすべて仮名であり、本名ではありません

カテゴリ:コン吉 > コン吉4歳

来ました来ました。いらっしゃいませ か ん しゃ く!元々言葉が少ないコン吉くん。4歳、もうすぐ5歳。ここにきて急に、コトバ足らずで泣いて怒る。床に転がって、手足をバタつかせて。小さい子みたいにギャアギャア泣く。癇癪。なぁ太の4歳の時もそんなことあったな ... 続きを読む

来ました来ました。


いらっしゃいませ か ん しゃ く!


元々言葉が少ないコン吉くん。

4歳、もうすぐ5歳。

ここにきて急に、コトバ足らずで泣いて怒る。

床に転がって、手足をバタつかせて。

小さい子みたいにギャアギャア泣く。


癇癪。


なぁ太の4歳の時もそんなことあったなー。

 → 2009/6/16癇癪(カンシャク)の原因

2歳とかならまだしもどうしてこの年齢で!?なぁんて。

随分悩んだっけなー。


でもほら、二回目ですから。

なんというか、余裕があるんでしょうな。


コン吉がギャーと泣いたら、敢えて放置。

幸い、コン吉の癇癪は家限定で起こっていたので。

家の中での癇癪ならだれにも迷惑かけないでしょ、ってので放置。

んで、ちょっと時間が経ったら声をかけた。


「コン吉!!

 コーンーきーち!!」


「お母さんの目を見て」


まあでも今まさに癇癪、のコン吉くんですから。

「話を聞く」なんて難しい話で。

まだ興奮状態継続中だな、と思ったら


「今お母さんのお話聞けないみたいから、またあとでね。

 聞けるようになったらお話するからね。」


と言って再度放置。

ちょっと経ってからもう一度声かけ。


んでまた言う。

「お母さんの目を見て」


今度は泣きつつも聞く姿勢が出来ていたので、お話した。

なるべく手短に。


ト 「コン吉さ、ギャーギャー泣いたらだれか言うコト聞いてくれた?」


コ 「ううん」


ト 「なんでか分かる?」


コ 「わ、わ、分からん~~~」


ト 「だって、コン吉は泣いてギャーしか言わないから、どうして欲しいか分からんのよ。

   ヒトは、コトバで言わないと分からんの。

   コン吉がどうしてほしいか、ちゃんとコトバで言おう。

   そうしたらみんな分かるから。」


まあでも、言葉が遅いコン吉には難しい話ですわ。

気持ちを言葉で表すなんて。

なかなか簡単に出来ることじゃあない。

だから、癇癪を起すたびに


名前を呼ぶ → 目を見て → コトバで言おうね


ってのを繰り返してたんだけど。


ある日、コン吉がオモチャの禁止していた使い方をしたので、そのオモチャを取り上げたのだけれど。

まあ、癇癪。

いつもの、癇癪。

転がりながら泣く。


「返してえええええギャアアアア!!!!」

ってな感じで泣く。

興奮状態最高潮!!ってなもんです、ええ。


ちょうど夕方だったので、トマコは料理をしつつ。

その後ろでコン吉が癇癪を起しつつ。

在宅していたマサオが、フォローに来ようとしたけどそれを制止して。

コン吉は延々泣き叫び転がり続け。

部屋は異様な空気に包まれる。


家の周りが田んぼだからよかったーとか。

この泣き声聞いた人は虐待とか思うかもーとか。

一段と激しいコン吉の癇癪を後ろに感じつつ。

さあ、いつ声かけしようかなーと思いながら。

いつもより長く放置して料理を続けていた、その時だった。


さっきまで転がって泣いていたコン吉が、母の後ろ立っていて。

母に話しかけてきた。


「おっ、おっ、おたーしゃん…

 コン君、ギャーって言わんからっ…

 ちゃ、ちゃ、ちゃんとお話…ヒッ…するから…

 きいて…」


思わず料理の手を止めた。

癇癪を起したコン吉が、こんな風に自分から行動してくることがなかったので。

ちょっと驚いた。


腰を落として、コン吉の目線に立つ。


「なあに?」


「コ、コ、コン君がいけんかった…

 ご、ご、ごめんなしゃい…

 ちゃんと…遊ぶから… ヒッ 

 かーしーて」


もう、ほんとびっくりして。

思わずコン吉を抱き締めて


「うん、いいよ。

 ちゃんと言えたね、偉いよ。

 コン吉がコトバで言ってくれたから、お母さんはコン吉の気持ちがよく分かったよ。」


したらコン吉ってばもうニッコニコ。

あんなに興奮していたのに、自分で抑えて気持ちを言葉にする。

今まで出来なかったそれを、一生懸命頑張ってるコン吉に。

嬉しかったり感動したりしつつ。

ちょっとやりすぎたかなとも思いつつ。

でも、それはまさにコン吉が自分でひとつの山を越えた瞬間だった。


だからと言って、癇癪はすぐには治らなくて。

その後も何度か転がるコン吉を見ることがあったけれど。

でもやはり、あの時が大きな転機だったようで。

目に見えるほどハッキリと、コン吉の癇癪が減っていき。

それと共に、コン吉自身の気持ちの切り替えも早くなり。

言葉が遅いながらも、いろんな出来ごとをコトバを使って話してくるようにもなり。

伝えよう、という気持ちをコン吉からすごく感じるようになった今。

あれは、幼児から少年期への変貌を遂げた、まさにその瞬間だったのだなと思った。


なんていうか、あれだな。


思い返せば、2歳のイヤイヤとか。

4歳の癇癪とか。

5歳の反抗期とか。

そういう山にぶち当たったあとの子どもの成長ったら半端ない。

だとしたら、癇癪とか反抗期は成長の節目なのかな、とか思ったり。

じゃあそれって、大変だけどおめでたいことだな、とか思ったり。

「イヤイヤ期おめでとう!」

「癇癪おめでとう!」

みたいに思えたら、またそこで母親の大変さも変わるのかも…とボーと考えたりもしたのでした。

いや、大変は大変だけどね…。

次はたい蔵のイヤイヤ期かーなんて思ったりしてね…ハハハ…。


それでも、今回は二回目だけあって、なぁ太の時よりは全然余裕な自分がいて。

こういう風に、下の子は落ちついた目で見れるのだな、とか。

じゃあなぁ太の思春期はまた私自身とんでもなくうろたえるのだろうな、とか。

そんでコン吉とたい蔵の思春期はどーんといけるんだろうな、とか。

色々考えつつ。

コン吉の言葉が遅いところはやっぱり気になるけれど。

でも。

やっぱり言葉が遅かったなぁ太の、今のペラ男具合を思えば。

まあ今だけの話でもあるんだろうなーと思いつつ、言葉の教室は継続中だったりして。


とりあえずそんなこんなの春休みだったのでありました。


癇癪おめでとう、コン吉!

ちょっとだけ大人になりました❤



最後にちょっとだけ。

普段のトマコはこんな冷静に子どもの相手が出来ません。

超感情的にワーッ!って怒ってしまってハアア…と落ち込んだり、そんなのしょっちゅうです。

今回はコン吉が癇癪状態だったので、いつものようにワー!って怒ったら火に油を注ぐってな感じで悪化の一途。

それで逆に冷静になったという感じでした。

ので。

普段はほんと、頭ごなしのガミガミ母さんなので…汗

いつもこんな感じで冷静な対応は出来ませんのであしからず…汗

優しいお母さんにナリタイヨー。


真剣に考えるシリーズを

●初めから読む
●前の話を読む
●次の話を読む


21コン吉の幼稚園シリーズ
 ●初めから読む
 ●前の記事を読む
 ●次の記事を読む

いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】
 

なぁ太がとても順調な日々を送っております。友達と約束して、遊びに来たり、遊びに行ったり。宿題も、友達と遊びたいからさっさと済ませるよ。子どもが小学生になったら手が離れるって言うザマショ、奥様。急に子育てがラクになるって。私、今!やっと、今!それを身に染み ... 続きを読む

なぁ太がとても順調な日々を送っております。

友達と約束して、遊びに来たり、遊びに行ったり。

宿題も、友達と遊びたいからさっさと済ませるよ。

子どもが小学生になったら手が離れるって言うザマショ、奥様。

急に子育てがラクになるって。

私、今!

やっと、今!

それを身に染みて感じているところですよ!

秋過ぎまではもう、精神的にも体力的にも大変で!

本当にどうしようとか思ったけど!

やっと!

今!

手が!

離れて!


そして問題は、コン吉くんです。


コン吉は、兄ちゃんの不安定なところを察知する子。

不安定な兄ちゃんを見て、1歳の時から一人で寝ちゃったりする子。

やっとコン吉が甘える番が来たかな?と思ったら。

三男たい蔵誕生で。

母にべったり甘える機会を逃した子。


でもね?


良い子に育ってる、と思うのですよ。

親の欲目かもしれませんが。

お友達と仲良く遊べて、いや、そりゃあケンカすることもありますが。

それでも、ひょうきんで楽しい子です。

色んな子と、すぐお友達になって遊べます。


で、悩んでいたのが。

幼稚園をどうするか。


コン吉の通っている私立の四年制幼稚園。

幼児教育の力の入れようハンパネエ。

一言で言えば、厳しい。

幼稚園児にそこまで!?ってほど、厳しい。

なぁ太の時、公立幼稚園に通わせていたから余計にそう思うんだろうけど。

「幼稚園、保育園選び」という言葉の意味が良く分かるほど、特色がある幼稚園で。

正直、なぁ太だったら難しかったろうな、と思う幼稚園。


でもコン吉はそこで問題なく過ごしていて。

厳しい中で、お遊戯もするし工作もするし。

発表会 も、運動会も、ちゃんとこなして。

お友達もいっぱい出来て。

毎日を楽しく過ごしている。


かく言う私も、この私立幼稚園はすごくラク。

朝8時にバスに乗せ、15時にバスで帰ってくる。

お母さん同士話すことも、バス停でちょっとだけ。

仕事をするには、最適だろうなと思う。


でも。

でもねえ…。


この私立幼稚園から、同じ小学校に行く子ってほとんどいないんだよなあ。

いてもコン吉の他に一人とか。

もしくはコン吉だけとか。

近所に同じ年頃の子どもがたくさんいればまだいいんだけど。

田舎過ぎて子どももほとんどいない状況。

もしこのままこの幼稚園で過ごしたら。

コン吉は、ほとんど知り合いがいない状況での入学になる。


それでも、コン吉なら大丈夫!と思ったけど。

でも。

来年から始まる、二年制の公立幼稚園。

そっちに変えようかどうしようか、と悩む日々。


公立幼稚園は、正直手がかかる。

朝8時で帰り14時の毎日の送り迎え、それだけでなく。

交通教室とか、植物を植えたりとか、工作したりとか。

母と子が共に作業する機会が、私立幼稚園に比べたら多いし。

週に一度は、午前で終わる。


それに、厳しさで言ったら私立幼稚園とは比べ物にならない。

でもそれは悪いことではなくて。

子どもはすごくのびのびしていて。

迎えに行った時、園庭解放と言って30分ほど幼稚園の園庭で遊ばせる時間があるんだけど。

お母さん同士話しながら、お母さん達みんなで子どもを見る。

自分の子が、集団の中でどんな行動をするのか。

本当に子どものことがたくさん見える、幼稚園。


そんな公立幼稚園に、コン吉を入れようか。

一緒に過ごす為に。

二人の時間を作る為に。

でも、それってエゴなんじゃないの?

甘えさせて満足っていう、自己満足なんじゃないの?

コン吉には、あの優れた幼児教育が合っているかもしれないのに。

コン吉の可能性を、伸ばせる幼稚園かもしれないのに。

そして、母親の手のかからなさも…。

正直、すごく未練がある。


そんな感じでグルグルグルグル考えていたんだけど。

なぁ太が、手が離れた頃。

コン吉が急に甘えん坊になった。

「おたあしゃん!」って言いながらベタベタしてくる。

「おたあしゃんと一緒に寝たい!」と自己主張してくる。

一緒に寝たら、もうね?

本当にニコニコ嬉しそうに笑っててね?

「一緒に寝るの、うれしいなあ~」って、うふうふ笑って言いながら、寝た。


なんかそれ見てたら。

もう、いいかって。

余計なこと考えなくて、いいかって。


なぁ太みたいにさ。

放っておいても、小学生になったら手を離れるんだもの。

こんな、ベタベタするのを喜ぶのなんて。

あと二年ほどだもの。

いいじゃん、もう。

いいよ、もう。

一緒にいよう。

コン吉の為じゃない、私の為に。

二年間、濃い時間を過ごして。

小学生になったら、自分の世界を開いていけ。


グルグル悩んで、ドカーン!

決まった時は、サッパリと。

コン吉を、来年から公立幼稚園に入れることに決めました。


思い返してみれば、ね?

お母さん同士の繋がりが深い公立幼稚園で。

人づきあいが濃い分、大変なこともあったけど、それでも。

色んなお母さんに助けられた ことも数多くあったし。

心許せる友達も、出来た。

大変なことは多かったけど。

得たものもたくさんあった。


もちろん、私立幼稚園での経験も良かった。

コン吉の集団生活の土台を作ってくれたのは、あの幼稚園だし。

お母さん同士の関わりが少ないあの幼稚園でも、大事なお母さん友達 も出来て。

行かせてよかったな、とすごく思う。

お値段が少々お高めなのがちょっと痛かったけど…!

公立の幼稚園と悩んだ理由はまあ、そこもあったわけだけど…!

しのごの言ったけどその要因もとても大きかったわけだけど…!


子どもには子どもの世界がある。

条件が揃うなら、保育園でも私立幼稚園でも全然問題ないと思います。

それにコン吉は、発達面が気になる子で。

そこをちゃんと知っておきたいからこの幼稚園ってのもある。


来年は。

コン吉二度目の幼稚園始まります。

さて。


縫い物頑張るか…。


まさかのここからスタート!!

頑張ります…。


真剣に考えるシリーズを

●初めから読む

●前の話を読む

●次の話を読む


21コン吉の幼稚園シリーズ
 ●初めから読む
 ●前の記事を読む
 ●次の記事を読む


いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】
 

説明しよう。この秋から始まった「仮面ライダーフォーゼ」変身ベルトでフォーゼに変身して悪者を倒すというお話。ここに出てくる変身ベルトをですな。クリスマスにサンタさんから送られるんだよ、とコン吉がいきなり言ったわけでしてな。しかもほんっっっっっとに嬉しそうに ... 続きを読む


あぁ、トマコの生きる道【マンガ】

あぁ、トマコの生きる道【マンガ】



説明しよう。


この秋から始まった「仮面ライダーフォーゼ」


変身ベルトでフォーゼに変身して悪者を倒すというお話。


ここに出てくる変身ベルトをですな。


クリスマスにサンタさんから送られるんだよ、とコン吉がいきなり言ったわけでしてな。


しかもほんっっっっっとに嬉しそうに。


幼稚園で友達とクリスマスの話で盛り上がったんだろうな。


誰も知らないところでいきなりの決定事項。


トマコ、思わずフリーズ。



と、言いますのも。


サンタの世界でなく、この現実世界でのお話。


変身ベルトが人気すぎてどこにも売っていないという現実。


人気すぎて予約も受け付けてない。


突発的に入荷したりして、それを買うにも抽選だったりしてさ。


ほんと、手に入らない。


ネットでは売られてたりもするけれど。



定価6825円のところを!


1万円とか2万円とか!


超高値で販売っていう!


どういうことだこれは!



子どものオモチャで

悪どい商売を

するなああああああ!!!!!



みたいなね…(ハアハア



なんかもうアリエナスな世界なのですよ。


そんな超人気ベルトを果たしてサンタさんは手に入れられるのだろか、と。


トマコは毎晩毎晩ネットを見てはため息。


そんでちょっとイライラもしていた。


もうこれは悪どい人たちから高値で買うしかないのかな、と。


そんな時。


サンタさんから一本の電話が。



サンタさんの世界でもやっぱりあの変身ベルトは大人気なのですって。


品薄状態でサンタさんも困り果てていたのですって。


でも。


ある朝サンタさんが起きた時。


なんか急に、サンタ界のオモチャ屋さんに行ってみようって思ったのですって。


んで、行ってみましたら、ね?


一個だけ…!!


一個だけ置いてあったのですって…!!!


だからっ…


サンタさんはコン吉にフォーゼのベルトをちゃんと送ってあげますよって…!!


だから安心してくださいねってサンタさんから電話があああああああ!!!!


ああもう嬉しすぎて涙ちょちょ切れる…。



そんでこのあんまりな状況ほんとどうにかしてください…。


21コン吉の幼稚園シリーズ
 ●初めから読む
 ●前の記事を読む
 ●次の記事を読む


いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】
 

個別だとちゃんと発音できるのに、まとめていうと元通り☆でもかわいいから良しとする!!そこんとこ大事!!発音に関してはこのまま言葉の教室 で頑張りやがれ。コン吉の幼稚園シリーズ ●初めから読む ●前の記事を読む ●次の記事を読む【いつも応援ありがとう】    ... 続きを読む


あぁ、トマコの生きる道【マンガ】

あぁ、トマコの生きる道【マンガ】

あぁ、トマコの生きる道【マンガ】

あぁ、トマコの生きる道【マンガ】


個別だとちゃんと発音できるのに、まとめていうと元通り☆



でもかわいいから良しとする!!


そこんとこ大事!!



発音に関してはこのまま言葉の教室 で頑張りやがれ。


21コン吉の幼稚園シリーズ
 ●初めから読む
 ●前の記事を読む
 ●次の記事を読む


いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】
 

コン吉の手にかかればコスモスもモスバーガーに。なんておいしそう。んで今日、犬の散歩中にもう一度聞いてみた。コスモスを指して、なんて名前だっけって聞いてみた。ら。「デスマス」ですますですと!?コスモス↓モスモス↓デスマスなんか進化してる感が否めない。ある意 ... 続きを読む


あぁ、トマコの生きる道【マンガ】

あぁ、トマコの生きる道【マンガ】



コン吉の手にかかればコスモスもモスバーガーに。


なんておいしそう。




んで今日、犬の散歩中にもう一度聞いてみた。


コスモスを指して、なんて名前だっけって聞いてみた。


ら。



「デスマス」



ですますですと!?


コスモス

モスモス

デスマス


なんか進化してる感が否めない。


ある意味これがコスモスの最終形態なのかもしれないと思った。



恐るべし4歳児の適当具合。


21コン吉の幼稚園シリーズ
 ●初めから読む
 ●前の記事を読む
 ●次の記事を読む

いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】