家庭訪問シリーズ(全6話)
●初めから読む

180427-1

180427-2

支援学級に在籍するなぁ太は

通常学級に戻りたいと言ったものの
 →なぁ太の発言

自分でどうしようも出来なくなった時に固まるという問題点がある
 →ダンゴムシ化

そういった一面をどうにか自分でコントロールしようとし始めてはいるが
 →なぁ太の自分コントロール

じゃあ完全に大丈夫と言い切れるかというとそうでもなく

不安要素はまだ残る


それでも

2年前まで暗い顔をしていたなぁ太が
 →居場所なく友達もいなかった

今は明るい顔をして学校に通い

苦手な体育まで参加するようになったのは本当にすごいことで
 →苦手な体育

だからこそ余計に本人のやる気がある以上は後押ししてあげたいものの

普通学級に戻った際にたちまち困ることは容易に想定されるので

そういった覚悟を負った上で

それでもやってみたいと思うなら進めばいいし

頑張ってみたけどやっぱり自分ではどうにもならなかったというなら

完全に支援を受けながら生きていく覚悟もしておいて欲しいし、と

母は一人もくもくと考えていたのです


家庭訪問シリーズ(全6話) 続く
●初めから読む


いつも応援ありがとう】
読んだよの足跡代わりに押してって~
 32位 にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 13位

【更新連絡を受け取る】
更新通知が届くよ!
 

【発売中の書籍】
発売中の書籍をご覧になりたい方はコチラをクリック
 →お仕事情報