なぁ太の奈良旅行シリーズ(全7話)
 
●初めから読む

171229-1

171229-2

171229-3

171229-4

なぁ太の時計は小学3年生で一度止まり
 →不登校と鬱

ふさぎ込む日が続いたけれど
 →時が止まったような日々

中学生になり、突如として再び動き出しました。
 →中学生シリーズ 部活シリーズ


なんとなく、ね

奈良の旅は、なぁ太のためだったけれど

いっぱい笑って騒いでおいしいものを食べて

そういった人間らしいことを目いっぱい詰め込んだこの旅は

なぁ太のためだけじゃなくて私のためでもあったと思うのです。


豹変した姿にびびったけど、鹿はとてもかわいかったし
 →鹿せんべいの罠

友達と一緒に行ったことで目いっぱい笑いあえたし
 →モカ母の鬼畜っぷり

雄大な東大寺と大きな大仏を見て心が洗われたことで、なんだか気持ちが軽くなったし


奈良駅からたくさん歩いたことも

いつもは乗らない電車や新幹線に乗ったことも

非日常が与えてくれるものはとても刺激的で


とても疲れたし、行動するまでの勇気も必要だったけど

この旅で得たことと、リフレッシュしたことは

私たちにとってとても大きいことだったと思うのです。

そしてそんな旅行に協力してくれたマサオの懐の広さにも感謝なわけで…。


さ、奈良の旅で心新たにした私たち。

気持ちを切り替えて

英語を鍛えましょうか…。
 →なぁ太のクソ英語

冬休み明けたら課題テストなんですよ…。

英語がクソなんですよ…。

グッバイ奈良
ハロー現実


今度はのんびり旅行したいなあ、奈良。

なぁ太の奈良旅行シリーズ(全7話) 完結
 ●初めから読む

いつも応援ありがとう】
読んだよの足跡代わりに押してって~
 20位 にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 10位

【更新連絡を受け取る】
更新通知が届くよ!
 

【発売中の書籍】
発売中の書籍をご覧になりたい方はコチラをクリック
 →お仕事情報