昨日の続き
まだの方はまずコチラをお読みください
 →面倒見のいい次男の裏にあったもの①


171107-1

171107-2


コン吉イケメエエエエエエエン!

と思ったものが

母ダメすぎてコン吉の母への期待値が低かっただけ

という事実。


思えばトマコのダメっぷりは歴史が長く
 →ぐうたら

炊飯器を水没させた事件から始まり
 →洗ったら壊れた炊飯器

第一子なぁ太に至っては3歳で既に母を信用しない始末。
 →靴の向き


こんな母に頼り切ると、結果としてこういう事故が起こるわけで
 →母寝坊の悲劇

今後は母を信用せず強く生きていって欲しいなと思ったのだけれど


なんていうか…


ミスをしたときに叱り飛ばすのではなく、逆にいいところを見つけて褒めるということをコン吉に対して実践していたのだけれど

それを今回逆の立場で、コン吉が母に対してしてきた気がして仕方ない。

でも確かに

「なんで間違えるんだよ!」と怒られるより

「スケジュール帳確認してくれてありがとう」と言われたほうが次から気を付けようという気になったのは

やはりプラスの言葉だからなのかもしれない。

子どもへの言葉の伝え方はとても大事。
 →伝え方を変えた話

トマコもプラスの言葉を使って、自らを省みて頑張ろうと思ったのでした。


このダメっぷりはもう変わらない気がするけど。

22コン吉の小学校シリーズ
 ●初めから読む
 ●前の記事を読む
 ●次の記事を読む


いつも応援ありがとう】
  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ

【更新連絡を受け取る】
 

【シリーズもの】
シリーズを読みたい方はコチラをクリック
 →シリーズ物を読む 
 →登場人物とオススメ記事 
 

【発売中の書籍】
発売中の書籍をご覧になりたい方はコチラをクリック
 →お仕事情報