発達障害や不登校の子を持つ親の気持ち(全18話)
 ●初めから読む

230407-1
230407-2
230407-3
230407-4

いきなり強くなんてなれないよ

人間だもの

子どもを健やかに育てるには土台が必要で

その土台を作る人間を責めたところで土台が脆くなるだけなのに

世間はこんなにも母親に厳しい


幼少期の子どもの進路の幅と

発達に問題を抱える子を持つ親の心のケアの場が増えて

母の抱える孤独と不安が少しでも減らせたら

そうしたら

みんながもう少し生きやすくなるのに、とトマコは思うのでした


以上、母の素直な気持ち編、終わり

オマケの話を描く…かな?
違う話も描きたいので悩むところ
苦しい学生時代を乗り越えたなぁ太氏が「質問あったら答えます」と言ってるので聞きたいことある方はなんでもどうぞ
おまえのブログを作れ、母のとこで質問募集すな、と母は言いたい
ていうかなぁ太くんよ
母はおまえのことについて赤裸々に描いてきたから読者さんは今更質問なんてないと思うんだ…

土台の大切さ:親にできるのは結局土台を作ることだけ


発達障害や不登校の子を持つ親の気持ち(全18話) 完結
初めから読む2

次のお話を読む
次へ2

いつも応援ありがとう】
読んだよの足跡代わりに押してって~
  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ

【更新連絡を受け取る】更新通知が届くよ!
  insta

【発売中の書籍】
発売中の書籍をご覧になりたい方はコチラをクリック

 →お仕事情報