三男たい蔵が抱える問題(全15話)
 ●初めから読む

210816-1
210816-2
210816-3


軽度知的障害と診断され

教育委員会に相談した結果、支援学級に進んだたい蔵が

どうしたことか激変したんですよ…


言葉が遅いせいか家では一人静かに積み木で遊ぶ子だったのに

学校から帰るとその日あった出来事を延々としゃべり続けたり
 →進化したしゃべり

療育園ではずっともじもじしていたのに
 →療育園の様子

小学校から始めた放課後デイでは先生相手に自己主張するようになっていたり
 →放課後デイの様子①

課題を先生に押し付けたあげく的外れな応援をしていたり
 →放課後デイの様子②

幼稚園までの彼に比べたら

それは本当にすごい変化で


かと思えば提出物の管理も

1年生の時から提出物の詳細を把握していて

むしろ母に指摘するレベルで

兄二人に比べた時の手のかかり具合やたい蔵の困りごとが全然見当たらなくて
 →なぁ太(HSC)の困りごと
 →コン吉(ADHD)の困りごと


いや、これ本当に軽度知的障害か…?と

ここで初めて疑問に思ったのでした


三男たい蔵が抱える問題(全15話) 続く
 ●初めから読む


いつも応援ありがとう】
読んだよの足跡代わりに押してって~
  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ

【更新連絡を受け取る】
更新通知が届くよ!
 

【発売中の書籍】
発売中の書籍をご覧になりたい方はコチラをクリック

 →お仕事情報