こんにちは!ぼくボッくん。

夏の人気者(自称)さ!

でももう…疲れちゃったよ…

ホッ。


スイミングに通っているなぁ太が。


夏の初め、水イボをもらってきた。


すごい勢いで増える水イボたち。


アトピーで皮膚が弱いから余計に繁殖しやすいのだろうか。


なぁ太の体に恐ろしいほど増えていった。


それはもう水イボの夏祭りや~!状態。


しかしトマコは思った。



資源豊富な幼児の体に舞い降りたひとつの水イボが。


短期間でドッと増え、いくつもの町を作った。


増えた水イボは資源を食い荒らし。


このまま繁栄していくかと思ったが。


幼児の皮膚に耐性がついたのか。


急激に数を減らし、滅んでいった。



トマコは思った。


これは地球だと。



地球で暮らす人間たち。


地球から見れば、大きさ的にも人間なんてウイルスみたいなものだろう。


私たちは繁栄し、ソコにある資源を食い荒らしている。


資源が豊富にある内はいいだろう。


でも、それが底をついたら?



山と同じなんだ。


資源がある内は、山を登ってるようなものなんだ。


でもなくなったら…。


待っているのは破滅。


その速度は山を転がり落ちるほど早い。



そうならないためにも。


資源は大切に使おう。


水イボみたいにならないためにも。



レッツエコ。



なぁ太幼児シリーズ 次へ

いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】