歩くのもやっとなのにー?

本当に走っとるー!!

あれっ!?

偶然でしたか…。


推測しますと。



①前のめりに転びそうになり、慌てて出した一歩、二歩、三歩…。


②忙しく交互に足を動かしていたものの体勢を立て直すことはできず。


③結局前のめりに転んだと…。



いやぁー、マジで走ってるんだと思ったわ。


「すごーい!」

と手を叩いて喜んでたわ。


よく考えれば、歩くのにもおぼつかない足取りの赤子が走るなんてありえないよね。



もう一度見たいと思ってしまう私は鬼か?



コン吉一歳シリーズ 次へ

いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】