あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】

あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】

あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】

あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】



朝。


なぁ太のかばんを片付けるお手伝いをしようとしたお友達。


自分で片付けたかったなぁ太。


一言言えば済む話なんです。


一言

「それ、自分でやるからいいよ」

って言えば済む話だったんです。


でも、なぁ太は耳をつんざくほどの悲鳴を上げて自分のバッグに飛び付き。


ひたすら「だめ!」を繰り返し。


そのあとに残ったのは、びっくりして動けなくなったお友達と。


半泣き状態のなぁ太でした。




4歳になり、周りの子供たちとの成長の差も顕著に出てきました。


おしゃべりがすごく上手な子もたくさんいます。


なぁ太は自分の感情を言葉にすることが苦手で、更に滑舌も悪い。


話しかけても周りの子はよく聞き取れなくて「???」という反応。


4月、ウキウキ気分で入園した幼稚園だったのに。


それで、話しかける勇気をなくしてしまったんだろうな…。




でもその話を同じクラスのママさんにした時に。


やはり同じような悩みを持っているママさんもいて。


なんだ、ウチだけじゃないんだ…という安堵と。


なぁ太自身の様子。




実際に「ケンカをしてました」という報告 をもらってから。


日に日に明るくなっていくなぁ太。


以前は

「おともだちはいない」

なんて言ってたのに。


今では

「さくら組さんはみーんなおともだちだよ!」

「なぁくんにはおともだちがたくさんいるよ!」

なんて言うほどに。



「ケンカをしてもいいんだよ」

という何気ない一言で、なぁ太はこんなにも変わったのです。




でも…。


なぁ太のケンカのその様子を見て。


トマコはひとつだけ、気がかりになるものがありました。


それは、二歳児の癇癪のような、なぁ太の怒り方。


一度は終わったはずのそれが、なぜまた出てきたのか。


そして、幼稚園でのコミュニケーションの妨げとなっていた、その癇癪の原因に。


つい最近自分の身に起きた出来事で、気づいたのです。




続きは6月15日です。



なぁ太の幼稚園シリーズ 次へ


真剣に考えるシリーズを

●初めから読む

●前の話を読む

●次の話を読む

いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】