猫の話シリーズ

●初めから読む

●前の話を読む





あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】



手術前、手術後も。


大騒ぎ。


家族揃ってあまりの心配ぶりに苦笑する先生。


「いや、簡単な手術ですから…ハハ…」


先生の乾いた笑いを背に。


これから大手術に臨むかのように、送り出し。


大手術を終えた後のように迎えました。



心配症ココに極まれり!!



けど。


正直。


正直、ね。


幼稚園に入園してから、円形脱毛症が広がって行くばかりのなぁ太の為に。


ねこ隊長は、アニマルテラピーの意味も兼ねて飼い始めたの。


動物は、子供の心にすごく良いって言うしさ。


なぁ太の心の癒しになればいいなと思ってさ。


なんつーかまあ、邪な心で飼い始めたわけなんだが。


つっても、円形脱毛症はちっとも治らなかったわけだけど。


しかも、ねこ隊長が増えることにより。


大事な存在が増えただけだったわけだけど。



お腹に赤ちゃんがいても、やっぱりねこ隊長は大事な家族の一員。


我が家のヤンチャな三男坊。



ちなみにねこ隊長のトイレ掃除は引き続きこの人が やっています。


なんつーかもう。


ドハマり。



猫の話シリーズ 次へ


いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】