あぁ、トマコの生きる道【マンガ】


あぁ、トマコの生きる道【マンガ】



手術室を開けると、そこは雪国だった。



じゃなくて。


手術室を開けると、異世界だったのですよ。



なんか同じカッコをした人がズラーて、たくさんいましてな。


いや、全員が全員たい蔵の手術メンバーじゃないですよ?


でも、テレビで見る手術室ってなんだか静かで暗いのに。


実際に開けてみたら、広くて清潔そうな空間にたくさんの同じ姿をした人達がいまして。


なんだか賑やか???っていうか。


テレビの世界と全然違って明るい感じでしてな。


なんだかホッとしたのですが。


いや、何しろみんな同じ姿なのでだれがだれだか分からなくて。


ドアを開けられたところで私たちどうすりゃええんや


と戸惑ったのですが。


私たちの元に近づいてきた手術着を着た人達がいまして。


この人達はだれかしら?と思ったものの


目を見た瞬間


「あ!目ヂカラ先生だ!」

と分かるほどに天然目ヂカラがすごい、たい蔵の執刀医の先生。


あの眼力の素晴らしさは日常生活だけでなく。


こういう、目しか出せない服を着た時にも発揮できるのだなあと感心したものでした。


能面のような目を持つトマコとしては、心底うらやましい…!



こうして、眼力先生にそのままたい蔵を抱っこで渡しまして。


トマコ達は、手術が終わるまでたい蔵の病室で待機することになったのです。


8たい蔵の停留睾丸シリーズ
 ●初めから読む
 ●前の記事を読む
 ●次の記事を読む

いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】