あぁ、トマコの生きる道

不登校と鬱を乗り越えた長男は中学3年生に!発達障害を抱える3兄弟の母トマコのコミックエッセイ このブログに登場する人物の名前はすべて仮名であり、本名ではありません

2009年09月

今日は文章だけでごめんなさい!!だけど!!どうしても言いたくて!!聞いてほしくて!!なんと!我が家の激烈シャイボーイなぁ太がですな!夏休み明けたら!挨拶ができるようになりましてな…!おそっ!!いまさら!?なんて思うでしょうが、なぁ太にとっては驚くほどの成 ... 続きを読む

今日は文章だけでごめんなさい!!

だけど!!

どうしても言いたくて!!

聞いてほしくて!!


なんと!

我が家の激烈シャイボーイなぁ太がですな!

夏休み明けたら!

挨拶ができるようになりましてな…!


おそっ!!

いまさら!?

なんて思うでしょうが、なぁ太にとっては驚くほどの成長だったわけなんです。

だって今まで近所のおばあちゃんにすら出来なかったワケだし…。

今まで何度叱っても諭してもなだめても、出来なかった挨拶。

それがなぜ出来るようになったのか!?

それには三つ、原因がありました。



まず一つは、今日のアイリス連載「トマコさんち」をご覧ください。(本日10時頃の更新です)

● vol.23『なつやすみの意味』 

 あぁ、トマコの生きる道-アイリスオーヤマ

携帯からはコチラ。


幼稚園で何も出来なくて自分に全く自信が持てなくなっていたなぁ太が、あふれんばかりの自信を取り戻したのは、とても簡単なことでした。


二つ目は、去年の夏休みも来た、コタくん が今夏も岡山に来てくれて。

一緒に遊んでくれた挨拶上手なコタくんに多大に影響されたのでしょう。

(去年もコタくんの影響で挨拶出来るようになったのに、コタくんが東京に帰った途端出来なくなった)


そして最後にこれ。

世のお母さん方は普通に出来ていそうなこと。


いつも言いますが、私は本当にダメな母親で。

色々と悩み試行錯誤するものの、どれも的外れだったりして。

当たり前のことを、教えてもらって初めて気づいたりする。

だから、これから言うことを実践されてる方はもちろんいらっしゃるだろうし。

今までそれをしていなかったご批判もあるだろう。

かといって、私がしたことに対する反対ご意見や、その方法の問題点もあるかもしれない。

けれど、今まで何度言っても出来なかったコトが出来るようになったのは事実で。

私が感じた注意点と共にそれを記そうと思います。


それは、幼稚園が始まる10日ほど前のこと。

園の大掃除があったんです。

そこで、同じクラスのお母さんに相談したのがキッカケでした。

なぁ太がお遊戯出来なくて不安だという悩みから始まり。

カツゼツが悪いので言葉の教室に通うのだという報告までしたところ。

そのお母さんが言いました。


「ウチの子もね、幼稚園に入ってから情緒が安定しなくて…。

 だから、付き合いの長い保育士さんに相談したんよ。

 そうしたらね、子供の目を見て話すといいですよって。

 それをしたら、それだけで驚くほど情緒が安定してねえ…。」


目を見て話しただけで??

それだけで子供が安定??


トマコは半信半疑でした。

だって目を見て話すって、当たり前のこと。

それだけで子供が安定するってどういうことなんだろう?

でも。

その日の夕方。

いたずらをしたなぁ太を注意するとき。

トマコは気づいたのです。

なぁ太と目を合わせていないことに…。


今までのなぁ太は…。

怒られるとそっぽを向いたり、小さくうずくまったりしていました。

小さくなって

「だって出来ないもん…」

とつぶやくなぁ太に。

トマコは、一生懸命語りかけていました。

そして、効果が出たことはなかった。

こんな状態のなぁ太を目の当たりにして。

トマコは悩んだこともありました。

私が言うコトが、子供を委縮させているんだろうか…と。

しかも、この状態で目を見ることを強制する?

それって余計委縮させることになるんじゃないの…?


半信半疑のトマコは、それでもなぁ太に

「ママの目を見て。」

と言いました。

もちろんなぁ太はイヤがったけど。

「大事なお話をするときは、ちゃんと目を見て話さないとダメなんだよ。」

と言う内に、おそるおそる母の眼を見たなぁ太は、おびえた目をしていて。

戸惑いがありながらも、それでも無理に目を見て話してみると…。

驚くほど素直に、母の話を理解したのです。


それでもそれは私が目を見ろと委縮させたコトの結果なのかと思ったけれど。

続けるうちに分かりました。

今まで母に怒られたり注意されているときのなぁ太は。

人の話を聞く姿勢が出来ていなかったのだと。

今までのなぁ太は、怒る母に背を向けて耳を塞いでいた状態だったのだと。


目を見る…ということは、自然と子供に聞く姿勢を作り出し。

目を見る…だけで、母の真剣な思いは子供に伝わる。

目を見る。

たったこれだけで、なぁ太はグングンと真剣な話が出来るようになっていきました。


それに。

それを続けることで、私自身の注意点が分かったのです。

目を見て話す、これだけで。

母の思いは十分に伝わる。

それなのに、この状況で感情的に怒ってしまうと、それこそ子供は委縮してしまうのだと。

以来、目を見て話すとともに。

感情を抑えて、抑えて、私の伝えたいことが理解しやすいように、ゆっくりと話すようになりました。

怒ったときはまず深呼吸をしてから…と言うけれど。

目を見て話すことで、子供の感情を読み取ることで、自然とそれが出来るようになったのです。



そうして挨拶が出来るようになったなぁ太だけど。

それでも幼稚園に通う日の朝。

幼稚園までの道のり、トマコは毎朝なぁ太と練習します。


トマコ「大きな声で先生に言えるかなー?」

なぁ太「おはようございまーす!」

トマコ「そう!お友達にはなんて言うっけ?」

なぁ太「おはよーう!」

トマコ「おっしゃ!すごいやんかー!」


お遊戯の話もします。


トマコ「幼稚園で体操とか踊りとか、出来るかな?」

なぁ太「なぁくん出来るかも…!やってみる!」


でもやっぱりまだまだお遊戯は難しくて。

「お遊戯出来んかった…」

と沈んで帰ってきたりもする。

けれど、出来なくても。

ちゃんと踊れなくても。

今までは子供たちの踊りの輪にすら入らなかったなぁ太が。

みんなから離れたところで小さくなっていたなぁ太が。

今では、ちゃんとその輪に入り。

それでもそこでしゃがんでしまったりするけれど。

頑張って立って見ていられたり。

春のなぁ太とは比べ物にならないほどに、成長を続けているのだ。


ちなみに昨日は少しだけ踊れたらしい…!(ねこ先生談)

しかも夏休み前のなぁ太はお遊戯の時間になると一人つらそうに塞ぎこんでいたけれど。

夏休み明け、今のなぁ太はお遊戯の時間でも楽しそうに笑ってるらしい。(ねこ先生談)

母ちゃんウルッときたよ…!!


大きなイベント「運動会」ではまだ無理かもしれない。

けど、それでもいい。

幼稚園に入園した時のなぁ太から比べたら、これって想像もしていなかったほどの成長で。

それを思うだけで、私は。

ゆっくりだけど確実に成長しているなぁ太と。

周囲で私を支えてくれている人たちに。

感謝だなぁ…と思うのです。


幼稚園に入り、円形脱毛症になったなぁ太。

それでもなぁ太は幼稚園が大好きで、お友達が大好きで。

ただただ、なぁ太が幼稚園で過ごしやすくなってくれたら…という思いで、私なりに出来ることをしていたトマコだけど。

愛してると伝えても、抱きしめても、何をしても。

どんどん禿げあがっていく頭に自らを責め、胃が痛くなり…。

この子を叱ったりストレスを与えないようにした方がいいのだろうか…と思い悩んだりもしたけれど。

それは違うんじゃないかという思ったものの、本当にどうしたらいいのか分からなくて。

出口が見えないトンネルを彷徨っている状態だった夏休み前。

子供と向き合う方法は、「目を見て話す」というすごく簡単なことでした。


しかし、今はこれで意思の疎通がはかれても。

子供の成長と共に、その接し方も変わってくるのだろうと思います。

今の悩みが小さく思えるほどに、子供の成長と共に更なる難しい問題が出てくるでしょう。

その時に合わせた対応はまた別の方法なんだろうなぁ。


子育てて、本当に修行。

けれど、見渡せばたくさんいる先輩ママさんや、お世話になる先生方にお義母さん。

たくさんの方に支えられながら。

まだまだ至らぬ母ですが、子供と一緒に成長していけたらいいなと思うトマコなのでした。



なぁ太の幼稚園シリーズ 次へ


真剣に考えるシリーズを

●初めから読む

●前の話を読む

●次の話を読む

いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】
 

猫の話シリーズ●初めから読む ●前の話を読む 信じたくないけど本当の話。今現在二歳児になったコン吉。ねこ隊長と共に壁で爪とぎをします。もっと…!!人間らしいことを…!!覚えて…!!トマコ心の叫び。次へ【いつも応援ありがとう】   【更新連絡を受け取る】  ... 続きを読む

猫の話シリーズ

●初めから読む

●前の話を読む




あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】

あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】



信じたくないけど本当の話。


今現在二歳児になったコン吉。


ねこ隊長と共に壁で爪とぎをします。



もっと…!!


人間らしいことを…!!


覚えて…!!



トマコ心の叫び。




次へ



いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】
 

例の記事 を読んだヨッスはずっと不思議だったそうだ。女児赤子を育ててきたが、特別良い匂いがしなかったことに。が…!!第二子ルンくん@生後一カ月半から、日々ほのかに香る汗臭さ。石鹸で洗っているのにその匂いが取れることはないそうだ。そしてこれが男の匂いなのか… ... 続きを読む


あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】

あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】



例の記事 を読んだヨッスはずっと不思議だったそうだ。


女児赤子を育ててきたが、特別良い匂いがしなかったことに。


が…!!


第二子ルンくん@生後一カ月半から、日々ほのかに香る汗臭さ。


石鹸で洗っているのにその匂いが取れることはないそうだ。


そして

これが男の匂いなのか…!!

と、遅まきながら衝撃を受けたらしい。



でも、男女赤子の香りの違い。


本当にあるのかもしれないし、ないのかもしれない。


科学的に証明されているわけではないから、なんとも言えない。


なんにせよ。


赤子時代に私の体からよい香がしていたとしても。


今の私は男児赤子にも勝る汗臭さであることは間違いない。



トマコ実家シリーズ 次へ

いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】
 

あんなに!!見られるのを嫌がってたちんちんを!!バスタオルを被っただけでアラ平気。これはアレですか。頭隠して尻ナントヤラというアレですか。散々見ないように気を付け続けていたヨッスの動揺っぷりったら見てられないほどでした。「いいの!?ねえ!! モロ見えてる ... 続きを読む

あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】

あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】



あんなに!!


見られるのを嫌がってたちんちんを!!



バスタオルを被っただけでアラ平気。



これはアレですか。


頭隠して尻ナントヤラというアレですか。


散々見ないように気を付け続けていたヨッスの動揺っぷりったら見てられないほどでした。



「いいの!?ねえ!!

 モロ見えてるけど!!

 あんなに隠してたのに!!

 いいの!!あれ!?」



ね…。



なぁ太の幼稚園シリーズ 次へ

いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】
 

アンちゃんも連れて買い物に行きました。今年の夏。目を開けたまま寝る人がいるのだということを、なぁ太は初めて知りました。それはそれは、ものすごい衝撃を受けたようでした…。なぁ太の幼稚園シリーズ 次へ【いつも応援ありがとう】   【更新連絡を受け取る】  ... 続きを読む

アンちゃんも連れて買い物に行きました。


あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】

あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】

今年の夏。


目を開けたまま寝る人がいるのだということを、なぁ太は初めて知りました。


それはそれは、ものすごい衝撃を受けたようでした…。



なぁ太の幼稚園シリーズ 次へ

いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】
 

猫の話シリーズ●初めから読む ●前の話を読む それはどう見てもねこの飼い主の先輩としての言葉ではなく。ただ、マサオがショックを受けるサマを喜んでいるようにしか見えませんでした。さすがトマコの母。相変わらず鬼畜。【当時のねこ隊長】パジャマ着たコン吉、ミルク ... 続きを読む

猫の話シリーズ

●初めから読む

●前の話を読む


あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】
あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】



それはどう見てもねこの飼い主の先輩としての言葉ではなく。


ただ、マサオがショックを受けるサマを喜んでいるようにしか見えませんでした。


さすがトマコの母。



相変わらず鬼畜。



【当時のねこ隊長】

あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】

パジャマ着たコン吉、ミルクをあげようとしています。



次へ



いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】
 

猫の話シリーズ●初めから読む ●前の話を読む 驚かせようと思って言ったら驚いた。実家の猫が二匹になってた。【当時のねこ隊長】にゃーと鳴いてるところ。次へ【いつも応援ありがとう】   【更新連絡を受け取る】  ... 続きを読む

猫の話シリーズ

●初めから読む

●前の話を読む





あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】

あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】



驚かせようと思って言ったら驚いた。


実家の猫が二匹になってた。




【当時のねこ隊長】
あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】

にゃーと鳴いてるところ。



次へ



いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】
 

※トマコの妹ヨッスが第二子を出産し我が家へ帰省中1歳児と2歳児は。部屋の中だとそれだけでストレスがかかるのか…。それとも場所に飽きてしまうのか…。エンドレス喧嘩が勃発。けれども、外に出るだけで仲良く遊ぶのです。母のお肌、じりじり焼ける…。トマコ実家シリー ... 続きを読む

※トマコの妹ヨッスが第二子を出産し我が家へ帰省中

あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】

あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】




1歳児と2歳児は。


部屋の中だとそれだけでストレスがかかるのか…。


それとも場所に飽きてしまうのか…。


エンドレス喧嘩が勃発。


けれども、外に出るだけで仲良く遊ぶのです。



母のお肌、じりじり焼ける…。



トマコ実家シリーズ 次へ

いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】
 

「今思えば、アンの赤子時代はラクだった…」ヨッスは言いました。おっぱいあげても、オムツを変えても泣きやまない赤子ルンくん@生後一カ月半彼が抱っこを必要としていることに、ヨッスは毎回激しく驚くのです…。「添い乳だけで満足しないなんて、ウソでしょう!?」本当 ... 続きを読む


あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】
あぁ、トマコの生きる道【4コマ漫画】


「今思えば、アンの赤子時代はラクだった…」

ヨッスは言いました。


おっぱいあげても、オムツを変えても泣きやまない赤子ルンくん@生後一カ月半


彼が抱っこを必要としていることに、ヨッスは毎回激しく驚くのです…。


「添い乳だけで満足しないなんて、ウソでしょう!?」


本当です。


そして我が子は二人ともそれでした。


もはや当たり前だった


朝5時まで抱っこのコース。



あぁ…三人目…。


三人目こそはラクだと信じたい…。


まだ予定ないけど。



トマコ実家シリーズ 次へ

いつも応援ありがとう】

  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ 

【更新連絡を受け取る】