問題提起シリーズ(全10話)
 ●初めから読む


190912-1
190912-2
190912-3
190912-4

学校の対応が正しいとは思わない
 →学校の対応

他の方法があったとも思う

でも、なぁ太個人で考えた場合

今回の修学旅行はこれで正解だった


集団が苦手ななぁ太は学校で参加できないことも多いけど

大阪では

目的地への移動方法を検索してもたつく母からスマホを奪い取り一瞥すると

そのまま時間を確認しながら電車を乗り換え迷うことなく目的地まで母を連れて行く

一人旅の経験がここでも活きていて
 →なぁ太の一人旅

なぁ太が実はとても頼りになるのだと知った


前に来た時は混雑しすぎてあまり遊べなかったUSJでも
 →大混雑のUSJ

絶叫系に乗るだの乗らないだのでケンカになったりもしたけれど
(というかトマコが乗りたいと駄々こねた)

平日だったからか、同じものに何度も乗れるほど十分に楽しんで

そのせいか、今でもなぁ太は

「大阪楽しかった、お金貯めてまた行こう」とよく呟いていて


なんていうか

中学校の修学旅行のいい思い出ができてよかったなあと思いつつも

みんなと同じとか一緒じゃなくてもなぁ太の学びになるんだ、とか

他の子たちに事情が知られたらどんな反応をされるんだろうとか思ったけど

子ども同士だと案外サラッとした反応で済むんだ、とか
 →なぁ太の男友達

母の気づきも多く

そこから今後の彼の進む道が見えてきたのです


問題提起シリーズ(全10話) 続く
 ●初めから読む


いつも応援ありがとう】

読んだよの足跡代わりに押してって~
  にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ

【更新連絡を受け取る】
更新通知が届くよ!
 

【発売中の書籍】
発売中の書籍をご覧になりたい方はコチラをクリック

 →お仕事情報